引っ越し経験で得られた引っ越しのコツ

これまでの人生において、数回の引っ越しを経験しました。

引っ越しも、回数を重ねると失敗も経験も多くなり、
そこから引越しに関する知識やコツも多くなりました。

まずは、引越し業者を決めるコツですが、これは基本中の基本として、
引越し業者を数社選んでそれぞれに相見積もりをとって、
安い値段の引越し業者を調べることが重要です。

また、最近ではインターネットでの口コミなどで、人気のある引越し業者を探すこともできます。

引っ越しにはインターネットを積極的に利用すると、
引っ越し料金だけではなく、お得なことがたくさんあります。

私はインターネットのポイントサイトに登録をしているのですが、
引越し業者の見積は、そうしたポイントサイトで比較的高額なポイントがもらえる行為なのです。

ポイントサイトから引越し業者見積もりサイトを利用することでポイントを得ることができますが、
一方で住所などを入力するので営業のアプローチがくることは覚悟しておいたほうがよさそうです。

一口に引越し業者といっても、エコ梱包や女性スタッフによる引っ越しなど、
サービスの種類が充実している大手の引越し業者や、引っ越し先の街に詳しい地元の業者など、
様々なサービスがありますので、自分の引っ越しにあった引越し業者を選びましょう。

忙しいファミリーの引っ越しならば、値段の安さだけではなく、専門的なサービスで選ぶ方法もあります。
例えば、引っ越しの際にすてることになった大型の家具や不要品など、
マンションのように不燃ごみとしてだすのも面倒なときに、
それらの不要品を引き取ってくれるサービスで選ぶという手もあります。

引越し料金だけが安くても、あとから不要品を捨てたり、リサイクルにだしたりする手間や料金を考えると、
全部をいっぺんでやってもらったほうが安くつく場合もあります。

マンション売却する場合なども、どうせならまとめてやった方がいいですね。
不動産業界は横のつながりが多いので、かなり良い条件で見積もりしてくれると思います。

一人暮らしの引っ越しならば、マンションだし荷物も少ないので、できるだけ値段を抑えることができます。
まず、引っ越しの時にお願いする人員を少なくしてもらったり、自分ですべての梱包をしておけば、
引っ越し料金を安くすることができます。

梱包用のダンボールは、近所の店でもらってきたりすれば、タダで使えますし、
本棚や食器棚などは、できるだけ分解してしておくと大きな荷物が少なくてすみます。

引っ越し費用を抑えるために、友人や知人に引っ越しを頼むという方法もありますが、
これは、結局、引っ越しが終わった後に仲間に食事をおごったりすることで、
引っ越し費用よりも高くつくこともあるので、注意が必要です。

単身引っ越し、家族の引っ越し、引っ越しの豆知識や業者選定のアドバイス

私はこれまで数回引っ越しを経験していますが、そのうちの何回かは単身引越しで、
あとの一回は夫婦二人の、家族で引っ越しを経験しました。

単身引っ越しの場合の多くは、大学入学や卒業や入社に伴うものなどで、
いきなり転勤が決まって一週間以内に用意、(そういった場合は、
大抵会社が引っ越し費用を持ってくれることが多いです)ということでもなければ、
比較的準備にゆとりがあるものです。

引っ越し好きの人が会社の同僚にいましたが、
それも自分のペースで引っ越し時期を考えることができるので、比較的準備に余裕があるでしょう。

引っ越しを考えた時まず考えてほしいのは、いらない物の整理です。
引っ越しは荷物量、作業時間等で金額に大きく差が出ます。

何トントラックか等、出すトラックによっても費用が変わるのです。
当然、荷物量が多く、作業時間が長くなれば、それほど業者を拘束することにもなるので、
荷物は必要最低限に抑え、いらないものは処分していった方がよいでしょう。

大手の業者ならば、見積をとって業者を決めた時点で、
引っ越しに必要な荷造りのための段ボールをくれます。

ただ、単身引っ越しで荷物が少ない場合は、3トン程の軽トラを使う「赤帽」などを利用すると、
引っ越し費用をぐっと安くあげることができます。

「赤帽」を使う際の注意点ですが、荷物量が3トントラックにはみださない程度であること、
あくまで荷物の運搬だけであって、
指示したところに家具を置いてくれたりする等のサービスはないことを覚えておきましょう。

「引っ越しする本人も、運搬など一緒に作業にあたる」という点も、
大手引っ越し業者と大きく異なります。

これは作業人数が軽トラを運転する一人だけしかいないことによります。
大手引っ越し業者は別料金で梱包のサービスもありますが、「赤帽」には一切それがありません。

自分で段ボールを用意し、梱包して、当日は運んでもらうだけの状態にしなければいけないことも、
注意点のひとつです。

トラックの走行距離によって(引っ越し地点が離れていることによって)料金が割高になるのと、
卒業・入学シーズンで引っ越し業者のかきいれ時にあたる3月の引っ越し料金が割高になるのは、
どこも同じです。

極力荷物を減らしたら、次にする作業は梱包ですが、全部段ボールに入れてしまっては、
着替えすらままならなくなるので、直前まで使用するものだけは出しておきましょう。

古くなっていらない下着等は、どんどん着て捨てて行くと、最終の梱包作業が楽になります。
食器なども、直前になったら紙皿や紙コップを利用すると楽です。

引っ越し先での荷ほどきは思いのほか時間がかかりますし、
梱包から出しても洗う作業をせねばなりません。

紙コップや紙皿を一式買って手荷物にしておけば、その場で使い捨てすることができます。
梱包した荷物の段ボールには、必ず中に何が入っているかを書いておきます。

蓋をあけるまで分からない状態では、荷ほどきに倍時間がかかりますし、
家族の引っ越しの場合は、どこの部屋に誰の荷物を持って行っていいかわからなくなります。

コンパクトにまとめた上で、誰の、何が入っている荷物かを種類別に分けておいて、
引っ越し業者に指示しやすくしておきましょう。

引っ越し先での業者の作業の時間短縮にもなります。

家族で引っ越しの場合は必然的に荷物も多くなるので、費用もかさみますが、
今はウェブ上で大体の見積りをとることができるので、何軒かを比較してみて、
気に入った業者を選ぶのも一つの方法です。

ある大手引っ越し業者に勤めている人から聞いた話ですが、
他の業者と比較させないように、営業の人間は見積りで家に招かれたら、
その場で即決させるように持っていくのが社則と聞きました。

「無料見積りで家に訪問、アドバイス」と銘打っている業者はたくさんありますが、
まずはネットで比較検討してから決めた上で、
営業の人の訪問はそれから、の方がいいかもしれません。

費用節約と財布選びの話

財布を選ぶ際にこだわっていることがあります。
それは、使いやすさや汚れにくさ、壊れにくさです。デザインよりも使いやすさを優先してしまいます。

以前、ずっと欲しかったデザインでブランド物の財布を使用していましたが、ある時から生地が破れ始め、
最終的に壊れてしまったので使えなくなってしまいました。

値段が高いものだったので、値段が高ければ頑丈というわけでは無いのだと思いました。
そのため、何年も長く使える財布が良いと思っています。素材については、
革製品はかわいいですが汚れやすく水にも弱いため、
ルイ・ヴィトンのモノグラムに使用しているようなキャンバス素材が良いと思っています。

とても汚れにくいところが良いです。
以前に三つ折り式の財布を使用していましたが、使いにくかったため今では長財布を使用するようになりました。

財布は開けやすいし、お札と小銭が同時に取りやすく遣いやすいです。
値段としては3万円前後くらいで選んでいます。

好きなブランドについて、20代前半まではずっとルイ・ヴィトンに憧れて選んでいました。
母がルイ・ヴィトンの長財布を使用していたので、高校生の頃から大人になったら絶対にこれを使おうと目標にしていました。

実際に、大学生の時にバイト代で購入した時は、とても嬉しかったです。
嬉しくて、友人に自慢したことを今でも覚えています。

また、20代後半になって、ルイ・ヴィトンの新しい財布を、彼からプレゼントされたことがあります。
もらった時はとても嬉しかったですが、使っていくうちに使いにくいことに気が付き、
彼と会わない時は内緒で違う財布を使っていました。

そんな憧れていたルイ・ヴィトンでしたが、30歳になって好きなブランドが変わりました。
年齢によって好みが変わるのだなとしみじみ実感しました。

現在では、ヴィヴィアンを好んでおり、今使っている財布がまさにこのブランドです。
落ち着いたデザインから、少し明るいデザインを好むようになりました。

この財布をもう3年くらい使用していますが、今のところ目立った破損や汚れ等は見当たらないです。
素材に頼らず、自分がいかに財布を大切に使うかで長持ちするかも決まってくると思います。

以前、親戚の方にブランドでは無いオレンジ色の長財布をプレゼントされて、
使用するのに困ったことがありました。結局、使用せず箱に入ったまま眠っています。

財布のプレゼントは、やはり好みの物が欲しいので、好きなブランドの財布が欲しいと思います。
そのためには、相手をよく理解していないとならないですね。

【メンズ用】財布ブランドの人気ランキング決定版!

ページの先頭へ戻る